レスリング

登坂絵莉は笑顔がかわいい負けず嫌いな最強女子!リオ金メダルへ!

オリンピック金メダル候補の女子レスリング、登坂絵莉(とうさかえり)選手。1993年8月30日、富山県出身の22歳です。

全日本レスリング選手権大会では3連覇FILA世界ランキング2位という記録を持っています。

リオデジャネイロオリンピックでも金メダルが獲得が最も期待されている選手の一人です。

tousaka

レスリングを始めたきっかけは?

小学校3年生の時に、地元のちびっこレスリング教室に通い始めたのがきっかけでした。

週3回の2時間の練習で、そのうちの1時間はマット運動をしていました。このころは楽しみながらレスリングを体験できる教室だったと語っています。

女子は一人しかいなかったため、男子からは相手にされず・・。そんな時、全国大会に出場。結果は1回戦で負けてしまいました。

その時の悔しさが「日本一になりたい」「自分もいつか一番になりたい」という気持ちに掻き立てました。

勝つために何をしたらよいのか?と考えた結果、毎日練習をすることで知られていたジムに移籍しそこで練習に励みました。

家族に支えられ続けてこられたレスリング

レスリングを辞めたいと思った時期もあったそうですが、目標を達成するまで絶対に辞めない!と支えてくれたのは家族のおかげでした。

「自分の好きなようにやりなさい」といつも両親から言われていたという登坂絵梨選手。

それは、「レスリングを続けたかったら続けていいし、辞めたかったら辞めてもいい。強くなりたいなら練習すればいいし、負けてもいいんだったら練習しなくてもいい」ということだったと語っています。

小さい時から負けることが嫌いな登坂選手は、負けてもいいよ、と言われると絶対勝とうと練習をより一層頑張ってしまうタイプ。

ですからレスリングはもちろん、学校の勉強でも勝ちたくて力を入れていたそうです。

試合会場では、お母さんがライバル選手の試合をビデオで撮影し、一緒に研究をしていたそうです。

またコーチでもあるお父さんは元レスリング選手で国体での優勝経験もある持ち主。そのためレスリング人生における重要なことはいつでも相談できる良きパートナー。

一番近くにいていつも応援してくれている家族を喜ばせたいという気持ちが、登坂選手のレスリング生活をサポートしているんですね

現在レスリングの名門といわれる至学館大学生の登坂絵梨選手。あの吉田沙保里さんと同じ栄和人コーチのもとで練習に励んでいます。

リオデジャネイロオリンピックでの金メダル獲得に注目が寄せられている期待の若手選手、みんなで応援していきましょう。