バレーボール女子

島村春世はジョンの異名も素顔は美容と健康と地元思いの謙虚な選手!

いかにもアスリートな体格をもつ島村春世選手。さすが、世界に通用するセンタープレーヤー、彼女の身長は182cm

ほとんどの日本人男性を見下ろせるのではないでしょうか。

2ad52a38c119695eb1dd600d85a86aaa
島村春世

プロフィール

生年月日 1992年3月4日(24歳)
出身地 神奈川県鎌倉市
身長 182cm
体重 73kg
血液型 O型
選手情報
所属 NECレッドロケッツ
愛称 ジョン
ポジション MB
指高 231cm
利き手 右
スパイク 295cm
ブロック 275cm

そんな春世選手、バレーを始めたきっかけは、お母さんがママさんバレーをしていたからだそうです。

日本代表の鍋谷友理枝選手もそうですが、親の影響でアスリートになる人を見ると、やっぱり自分の子にも英才教育は小さいときからしようと思えますよね。

そんなお母さんがきっかけでバレーを始めた春世選手ですが、ちゃんときっかけを大事にするような教育を受けています。

高校はバレーの名門高校として有名な川崎市立橘高校!高校卒業後、すぐにNECレッドロケッツの内定選手となり入団しています。

そして今や、24歳にしてチームのキャプテン努めるという出世コースを順調にするんでいます。そんなかっこいい春世選手、ジョンという愛称がぴったりですよね。


ちなみになぜ「ジョン」なのかは高校の時に「なんかジョンっぽいよね~」と言われたからという超テキトーな理由だそうですw

飼っている犬とか外国のジョン選手に似ているからとか勝手に想像していました。。。

男勝りに見えますが、実は美容と健康に気遣い!

口癖が「~っす。」だったりとか、182cmで体重70kg越えだったりとかプレーしてる姿を見ても男顔負けのアスリートな筋肉が見えてたりする印象が強い春世選手、実は美容もちゃんと考えてます。

先日スポーティライフというスポーツ雑誌のインタビューでも食事・美容・トレーニングをバランスよく行い、体を気遣っていることを明らかにしていました。

ちなみに試合中に着用している印象的な黒のサポーターはケガ防止のためとのこと。

激しく倒れこむバレーボールですからサポーターで筋肉を守るんですね。

20代とはいえ、並大抵じゃないプレーをして体に負荷をかけている訳ですから、体をいたわっているコメントを聞くと安心しますよね。

午前3時間、午後3時間みっちり、バレーの練習の後に試合によってはさらに別の時間に個人練習をするハードな毎日をこなすのにしていることがあるそうです。

それは・・・・・できるだけ早く寝ること!寝る子は育つといいますが、背の高くなりたい人必見なコメントです。

だいたい9時には寝るようにしているそうです。確かに成長ホルモンは10時から2時の間に分泌されるといわれているので、最もエコで効果的な美容は睡眠と言えるのかもしれません。

スター選手になってもおごらず、地域貢献ボランティア活動!

天才的ブロッカーとして活躍している春世選手ですが、アスリートスターになったからといって偉そうにしたりしません。

練習以外で時間が空くときには、母校である橘高校を訪問し、先生のお手伝いがてら後輩との交友を楽しんでいるようです。

母校の近くにある、高校時代からお世話になっているお蕎麦屋さんにも顔を出して、素朴で謙虚な変わらないところを見て地元の人たちは喜んでいるようです。

小学生や中学生にボランティアでバレーボール教室をも開催して、すべての年代から愛される選手といえますね。

将来は、コーチでもいいし、キレイさっぱりバレーを卒業してかわいい奥さんになってもいいという春世選手ですが、まだまだ現役のうちはどんどんかっこいいブロッカーとして活躍してほしいと思います。