バレーボール女子

佐藤あり紗は美人過ぎるリベロで素顔はギャル?守護神の得意技は?

リオデジャネイロ オリンピック世界最終予選のメンバー、リベロに選ばれた佐藤あり紗選手。

宮城県仙台市出身で、小学校2年生のときに、母親と姉の影響を受けてバレーボールを始めました。現在 日立リヴァーレに所属しています。

2013年に全日本バレー選手に選ばれ、その2013年、ワールド グランド チャンピオンズ カップでは、ベスト リベロ賞を受賞した実力のある選手です。

24699511739_9869f9bf52_b
佐藤あり紗

プロフィール

生年月日 1989年7月18日(26歳)
出身地 宮城県仙台市
身長 164cm
体重 52kg
血液型 A型
選手情報
所属 日立リヴァーレ
愛称 リア
ポジション リベロ
指高 208cm
利き手 右
スパイク 275cm
ブロック 266cm

どんなことがあっても最後までボールを拾う!

リベロは、ひたすら守備に徹するというポジションです。コートの中で、一人、とにかくボールを拾ってチームメイトにつなげる、というのがリベロの役割り。

自分ではスパイクを打つことも、アタックラインを越えてトスを上げることもできないのです。

そんなリベロというポジションも、佐藤選手の活躍を見ていると、その役割りの重要性ががよく分かります。

佐藤選手は、機敏な動きでどんなボールもこぼさず必死に拾います。その、絶対に諦めない、最後まで拾い続ける!というプレーは本当に見事です。

また、リベロだからと言って、ただ拾うだけの守備で満足していません。どんな場合にも、冷静に、そして瞬時に状況を判断することができます。

そして、佐藤選手の一番の得意技は「ジャンピング トスフェイント」です!アタックラインぎりぎりのところから、トスを上げる、と見せかけて、得点を決める「ジャンピング トスフェイント」。

リベロとして、守備に専念しながらも、状況を見て、最大限にチームに貢献できるように活躍する、佐藤選手の技術や身体能力の高さはすばらしいです!

ギャル!?と話題の姿

ボールを絶対に逃さない芯の強い佐藤選手ですが、ギャルっぽい佐藤選手の写真が話題になっています。

もともと、ファンからは、かわいいと言われている佐藤選手。その話題の写真では、バッチリメイクでおしゃれを楽しむ佐藤選手の姿が!リベロで一生懸命にプレーしている時とはまた別の顔です。

写真の佐藤選手も、プレーしている姿も、美人でとってもかわいいです。

ツイッターでは、友達と焼肉屋さんに行った時の写真や、おいしそうなカフェランチの写真、TDLで楽しそうに遊ぶ姿など、オフの時間にはしっかりリフレッシュしている様子です。

このオフの時間があるからこそ、集中力の高いプレーができるのかもしれません。

身長は164センチと小さめの体に、かわいいルックスの佐藤あり紗選手。必死にボールに食らいつき、チームのためにボールをつなぐ姿はとても輝いていてかっこいいです。

バレーボールの経験や能力、実力は確かな選手です。これからの活躍をぜひ応援したいものですね。