バレーボール女子

迫田さおりのバックアタックは驚異のジャンプ力!美しいフォームで魅了!

迫田さおり選手は、鹿児島県出身、小学校3年生の時にバレーを始めました。

高校卒業後は、東レ・アローズに入団し、2008年AVCアジアクラブ選手権で、ベストスコアラー賞を受賞し、2010年に全日本女子バレーの代表に選ばれました。

2012年ロンドンオリンピックでは、28年ぶりの銅メダルの獲得に大いに貢献した実績があります。

最終予選のキューバ戦では、迫田選手にボールを集め、得意の攻撃で得点を稼ぐことができました。それは、眞鍋監督が「今日は迫田がチームを救った」と述べるほどの大活躍でした。

sakota-saori-02
迫田さおり(さこたさおり)

プロフィール

生年月日 1987年12月18日(28歳)
出身地 鹿児島県鹿児島市
身長 175cm
体重 64kg
血液型 A型
選手情報
所属 東レ・アローズ
愛称 リオ
ポジション ウイングスパイカー
指高 230cm
利き手 右
スパイク 305cm
ブロック 279cm

驚異のジャンプ力がすごい!

迫田さおり選手の攻撃力はすごい!と言われています。その特徴的なのは、すぐれたジャンプ力です。

迫田選手は、身長は175センチなのに対し、最高到達点は305センチなのです!垂直跳びで考えると、75センチも飛ぶことができます。

一般的に、成人男性の平均は55センチ~65センチです。それに対し迫田選手は、65センチの記録を持つ、木村沙織選手よりも10センチも高く飛んでいるのです。

このバネのような高いジャンプ力は、Vリーグの中でもトップクラスなのです。

相手チームを惑わす華麗なバックアタック!

その驚異のジャンプ力を生かした迫田選手の大きな武器が、バックアタックです!バックアタックとは、後方の選手が、アタックラインの後ろから打つスパイクのことです。

しかし、迫田選手は、そのずば抜けた高いジャンプ力で、前衛から、後ろに下がってアタックを打つことができるのです。

この特異なスタイルのバックアタックで、「スコーピオン」という名前がついたほどの、攻撃力!相手チームを惑わせて、スピードのある攻撃をする、まさにサソリのような攻撃スタイルなのです!

そのバックアタックの姿は、フォームも優美で美しい、と言われています。

ネット上でも、迫田選手のプレーに対して「バックアタックがかっこいい!」「バックアタックがすごい!全日本の中心選手!」と多くの方が迫田選手を絶賛しています。

迫田選手のかっこいいバックアタックに、ファンが増えているようです。

全日本になくてはならない存在となっている迫田選手。そのジャンプ力、得意のスピードあるバックアタックは全日本にとって重要な攻撃力です。

リオデジャネイロオリンピックでも、どのようなプレーを見せてくれるか楽しみです。成長を続ける迫田選手の活躍を、ぜひ応援したいと思います!