バレーボール女子

長岡望悠はイケメンサウスポーで海外でも人気!ネックレスも注目!

女子バレーボール日本代表のパワフルサウスポーといえば長岡望悠(ながおか みゆ)選手です。

久光製薬スプリングスのウイングスパイカーとして、活躍している期待の選手です。

nagaoka-miyu
長岡望悠(ながおか みゆ)

プロフィール

生年月日 1991年7月25日(24歳)
出身地 福岡県山川町(現:みやま市)
ラテン文字 Miyu Nagaoka
身長 179cm
体重 64kg
血液型 A型
選手情報
所属 久光製薬スプリングス
愛称 ミユ
ポジション WS
指高 232cm
利き手 左
スパイク 310cm
ブロック 290cm

2013年-2014年 V・プレミアリーグ ベスト6を受賞し、2014年-2015年にもV・プレミアリーグで、敢闘賞、ベスト6を受賞しています。

また、2014年ワールドグランプリでは、ベストウイングスパイカー賞 第2位 という実力のある選手です。

その確かな実力だけでなく、チームの中では、ムードメーカーの役割も果たしている長岡選手。

日本女子バレーボールのチームにとって、なくてはならない存在となっています。

イケメンで大人気!その秘密は?

長岡選手は、そのボーイッシュでステキなルックスから、イケメン!と言われています。

そのかっこいいルックスは、関ジャニの横山裕さんに似ているとの声も。その人気ぶりは、国内にとどまらず、海外にも及んでいるようです。

特にタイでは大人気!空港で長岡選手が歩けば、タイ人のファンがついて歩き、警察にボディガードされることがあるほど人気のようです。

しかしその人気の秘密は、格好いいルックスだけではありません。

メンバーに対する気遣いや優しさといった、長岡選手の人柄がイケメンとしてチームメイトから慕われ、そしてたくさんの日本人のファンからも愛されているのでしょう。

それは、長岡選手のお父さんが遺された「目は高く、頭は低く、心は広く」という言葉を大切にしているからかもしれません。

目標を高く持って感謝の心を忘れず、周りの人への愛を大切にするように。というお父さんからの言葉が、長岡選手の生き方になっているのでしょう。

そして意外にもピアノを弾くのも特技だとか…この辺のギャップも人気の秘密かもしれませんね。

気になるネックレスは?

長岡選手が変わったネックレスをしている、と気になっている方も多いようです。

チェーンに筒状の物が付いたネックレスは、「SEVメタルレールSi」というもののようです。

見た目もオシャレですが、天然鉱石のパワーで健康で動ける体にしてくれるそうです。試合前には、食べるものに気をつけているという長岡選手。

このような小さなアクセサリーからも、日本を背負うアスリートとして、体作りに気を配っていることが分かります。

みんなから愛されている長岡望悠選手。スパイカーとして、そしてチームのムードメーカーとしても、長岡選手の活躍から目が離せません!

ぜひ、リオ五輪世界最終予選でも、がんばってもらいたいですね!