バレーボール男子

米山裕太は低身長を技術でカバーするオールラウンダー!彼女の噂は?

子供の頃からバレーボール選手になるのが夢だったという米山裕太選手。バレーボールを始めたのは小学校1年生の頃です。

坂戸西高校出身で、その後、日本体育大学へ進学しました。大学4年生の時にはキャプテンとして活躍し、2007年に東レ・アローズに入団。

2009年に全日本代表に選ばれた選手です。2011年黒鷲旗選抜大会では、優勝し、黒鷲賞とベスト6を受賞。

2011/2012プレミアリーグでは、準優勝に貢献し、敢闘賞とレシーブ賞を獲得。数々の賞を受賞した実力ある選手です。

img_0-crop

 

米山裕太

プロフィール

生年月日 1984年8月29日(31歳)
出身地 埼玉県比企郡嵐山町
身長 185cm
体重 80kg
血液型 A型
所属 東レ・アローズ
愛称 ヨネ
ポジション WS
指高 235cm
利き手 右
スパイク 335cm
ブロック 305cm

数々の技を駆使してポイントを奪う!

米山選手のポジションは、ウイングスパイカーです。身長は185センチと、バレーボール選手としては高くなく、小柄な方です。

米山選手の最高到達点は335センチということですから、身長からいくとかなりジャンプ力はある方ですが、海外選手を相手にすると、どうしても大きさでは劣ってしまいます。

それでも米山選手は、相手のブロックを恐れることなく、勝てない身長の壁を超えて、攻撃を仕掛けていく、たのもしいスパイカーなのです。

高いところからスパイクを打ってもブロックされてしまうので、ボールにスピンをかけて打ったり、わざと相手ブロックに当ててから外に出すブロックアウトや、リバウンドを取る技術など、さまざまな技術を駆使してプレーしていきます。

高さのある力強いスパイクで攻撃をしかけるプレースタイルではないため、米山選手のプレーは少し地味に見えると述べる人もいます。

確かに、豪快なスパイクの華やかさはないかもしれませんが、状況を判断して計算し、技を駆使してしっかり点を獲る、そして大事な場面でもレシーブでチームを助けるオールラウンダーです。

その器用なプレースタイルの米山選手は、日本チームにとって貴重な存在なのです。

元彼女は木村沙織選手!?

米山選手は、全日本のキャプテン、木村沙織選手と交際しているということでも話題になりました。

米山選手が木村選手の運転する車でドライブしている写真が週刊誌に載せられたからです。当時、交際を否定されていたようですが、他の場所でもデートしている場面が目撃されていました。

しかし、その後、木村選手は別の男性と結婚されたので、元彼女か、お友達だったということになりますね。

リオデジャネイロオリンピック世界最終予選メンバーに選出された米山選手。磨かれた技術で、どのように得点を奪っていくのか、そのプレーから目が離せません!今後の米山選手の活躍に期待したいものです!