バレーボール男子

山内晶大は身長204cm最高到達点348cmスパイクでリオ五輪へ!

リオ五輪出場へ向けて活躍が期待されている、NEXT4の一人、山内晶大選手。身長204センチの長身の、ずば抜けて背が高い選手です。

204センチもの身長があるので、足のサイズは一体どうなっているのか!?と気になりますが、足サイズは公表されていませんでした。

しかし、そのスタイルは抜群です。顔が小さく、細身で、10頭身とも言われています。

体重は72kgと、アスリートとしては細い方なので85kgくらいまで少しずつ増やして行きたいと話しているようです。ルックスは、坂本勇人選手や、森重真人選手に似ているとの声もあります。

yamauchi-
山内晶大

プロフィール

生年月日 1993年11月30日(22歳)
出身地 愛知県名古屋市
身長 204cm
体重 72kg
所属 パナソニック・パンサーズ
ポジション MB

バレーを始めたのは高校生から!? 驚きの経歴とは?

山内選手は、驚きの経歴でも有名です。山内選手がバレーを始めたのは高校生の頃からとのこと。バレーを始めてわずか4年ほどで全日本男子バレー代表に選ばれています!

山内選手は、中学生の時にはバスケ部で活躍してました。しかし、高校に入ると、それまで打ち込んでいたバスケ部ではなく、ハンドボール部へ入ります。

しかし、ハンドボール部は続かず、1ヶ月ほどで辞めてしまいました。その後、体育の教師だった、バレー部顧問の先生に声をかけられ、バレーボール部へ入部することになりました。

山内選手の通っていた名古屋市立工芸高等学校のバレー部は、人数も少なく、特に有名だったわけではないようです。厳しくしごかれる事もなく、バレーを楽しめたのでしょう。

その間も、山内選手の身長はぐんぐんと伸び続けていました。高校入学当時は、182センチだったのが、2年生では192センチ、3年生の時には198センチにまでも伸びていたようです!

その後、山内選手は高校を卒業したら、就職をするつもりだったようです。そんな山内選手をバレーの道へ導いたのは顧問の先生でした。

山内選手に対して顧問の先生は、「Vリーグに入れるかもしれないから」と大学でプレーを続けることを勧め、愛知学院大学へ進学。

そして2014年、全日本メンバーに選ばれ、ワールドリーグでデビューを果たしました。

ジャンプ力とスピードが武器

バレーを始めてから、驚きのスピードで代表入りすることになった山内選手ですが、バレーの才能は世界に通用するものです。

山内選手のポジションは、ミドルブロッカーです。山内選手は、大きな身長と、最高到達点348センチのジャンプで相手ボールをブロック!スピードがあって動きが良いというのが山内選手の武器です。

経験は浅いですが、まだまだ伸びしろのある期待大の選手です!山内選手の活躍を期待しています!