バレーボール男子

福澤達哉は結婚して嫁の応援で世界へ!ブラジル修行のスパイク期待!

長身でイケメンと言われる福澤達哉選手。小学校4年生の時にはにバレーを始めたそうですが、中学時代の成績はオール5と優秀で、大学はあの有名な中央大学法学部法律学科を卒業しているのです。

201206260004-spnavi_2012062600006_view-crop
福澤達哉

プロフィール

生年月日 1986年7月1日(29歳)
出身地 京都府京都市
身長 189cm
体重 86kg
血液型 B型
所属 パナソニック・パンサーズ
愛称 タツヤ
ポジション WS
利き手 右
スパイク 357cm
ブロック 330cm 

そんな福澤選手は、大学1年の時に全日本バレーに選出され、2005年ワールドリーグでデビューしました。

2008年には、同じ年の清水邦広選手と共に最年少で北京オリンピックに出場し、2009年の大学卒業後に、パナソニック・パンサーズに入団。

アジア選手権では2年ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手賞を受賞しました。その後も多くの賞を受賞し、活躍してきた選手です。

2015年から2016年までの間は、ブラジルのスーパーリーグへ移籍した経歴があり、海外での経験を積んだ福澤選手の成長に期待が寄せられています。

家庭では良きパパ!?

頭がいいことに加え、長身でイケメンと言われる福澤選手。もちろん女性ファンも多いのですが、福澤選手は2010年、23歳の時にすでに結婚されていました。

気になるお相手は、同じ中央大学だった先輩の女性です。一般女性のため、あまり詳しい情報はないようです。

でき婚ではないようですが、翌年には女の子が生まれています。福澤選手は、試合後には子供と遊んでリラックスしたり、家事を手伝ったりと、家庭では良きパパのようです。

奥さまも、福澤選手にとっての良き理解者のようです。福澤選手がブラジルへ行く決心がついたのは、妻が「家のことは心配しなくていいから、挑戦しておいで」と背中を押してくれたからだった、と述べていました。

アスリートの夫を支えるのは大変なことだと思いますが、家族の支えがあって、全日本代表として活躍する姿を見ることができているのですね。

圧倒的な高いジャンプ力と攻撃的なプレー

福澤選手のプレーの特徴は、スピードと高さです。福澤選手の身長が189センチに対し、スパイクの最高到達点が357センチと、脅威のジャンプ力です!!

その高い所からのジャンプで打つスパイクはものすごいパワーです。ウイングスパイカーというポジションで、攻撃的なプレーを見せてくれます。

世界ランキング1位のブラジルという強国での経験を経て、ひと回り成長して帰ってきた福澤選手。リオ五輪世界最終予選でも、その活躍に期待が高まっています。どのようなプレーを見せてくれるか楽しみです!