水泳

瀬戸大也はポジティブ父母妹の応援でリオ五輪は萩野公介と共にメダルへ!

昨年世界選手権で金メダルを獲得した瀬戸大也選手のリオデジャネイロ五輪への金メダル獲得に注目が高まる!

昨年2015年、世界水泳男子400メートル個人メドレー決勝で、4分8秒50というタイムで金メダルを獲得したイケメンに瀬戸大也(せとだいや)選手。

seto

小学生の頃から、全国大会に出場の経験を持つ、1994年5月24日埼玉県毛呂山出身の現在22歳の若手選手です。

萩野公介選手とは小学生の頃からのライバルだった!!

同じスクールだった萩野公介選手とは、小学生の頃からライバルです。瀬戸選手は、初めて萩野選手の泳ぎを見たとき、その速さに衝撃を受けたようです。

このことからも最初は実力面でかなりの差があったことが分かりますね。その後、瀬戸選手はあきらめずに練習に励みました。

力の差があるほど、練習に気合が入り、萩野選手の存在が瀬戸選手を強くしていきました。

小学生からのライバルが成人してもライバルであり、今では世界ナンバー1をかけて戦っている宿命ライバルということができるでしょう。

しかしチームメイトとしてはとても仲が良いようですね!

家族からの温かさに支えられている瀬戸選手。

瀬戸選手のお母さん、瀬戸一美(せとかずみ)さんは、瀬戸選手が試合で良い結果が出さないときがあっても、常にポジティブな言葉をかけて、メンタル面でサポートを続けてこられました。

ですから、瀬戸選手にとって自宅はリラックスできる快適な場所であったことでしょう。

また父親の瀬戸幹也(せとみきや)さんもプラス思考でいつもポジティブに考える方だそうです。

瀬戸選手よりもポジティブなので、通常はスポーツ選手はメンタルコントロールを専門家から受けるものですが、父親がその役割を果たしてくれているそうです。

さらに、瀬戸選手には妹、美琴さん(16歳)がいます。美琴さんは、もともと小学校2年生の時から水泳とチアリーディングをしていましたが、13歳の頃からチアリーディングに専念し、アメリカのフロリダで行われるチアリーディング大会に出場しています。

全日本選手権での優勝経歴も持っているスポーツ選手です。家族全員がポジティブという最高の環境で育ってきました。

また、瀬戸選手の彼女として噂になっている女性が二人います。ひとりは、中央大学水泳部で同じ年の瀧口真帆さん、もう一人は、重信藤乃さんです。

0806131-tile

重信藤乃さんとは、埼玉栄高校時代、同じ水泳部だったそうです。どちらも噂なので真相は分かりませんが、家族などからの支えがあるからこそ、今の瀬戸選手がいることは確かです。

リオデジャネイロ五輪での金メダル獲得への期待が注目されている選手です。