水泳

星奈津美は笑顔がかわいい嵐ファン!バセドウ病を乗り越え金メダルへ!

バセドウ病という病を超えた星奈津美選手が挑むリオデジャネイロ五輪!

昨年2015年に行われた水泳世界選手権で、星奈津美(ほしなつみ)選手が、女子200メートルバタフライで金メダルを獲得しました。

hoshi

そんな星選手は、持病のバセドウ病を乗り越えて獲得した金メダルとして話題になりました。

発病したのは16歳の時。

歌手の絢香さんも患ったことで知られた病、バセドウ病。星選手も16歳の時にその病が発症しました。まさに活躍していた高校時代のことでした。

一時は泳ぐことができないほど、症状が辛い時期もあったそうです。バセドゥ病は、甲状腺ホルモンのバランスが崩れてしまう病なので、定期検診と薬を服用しながら生活を送ったいたようです。

またこの病の特徴は、階段を上がるだけで息が切れることもあったというくらい、全身の倦怠感や疲れがひどくなるという特徴があります。

水泳という体力をかなり消耗する競技の練習をしながら、この病と戦わなければならなかった星選手にとってはとても辛いことだったでしょう。2014年にはバセドウ病の甲状腺全摘の手術を受けました。

その傷痕は首に12センチ残っています。その後、指導者を北島康介選手を育て上げた平井伯昌監督に変更しました。

3年前のロンドン五輪では銅メダルを獲得、そして、次は金メダルを最後の五輪と決め、リオデジャネイロ五輪大会に向けて練習に取り組み、昨年獲得した世界選手権での金メダルを獲得に五輪出場への内定を決めた最初の選手となりました。

手術後の復帰当初は、恐怖感から首の傷をかばっていて、練習するのが難しかった星選手。なるべく首を動かしたくないため、なかなか本職のバタフライを泳ぐことができなかったそうです。

そんな星選手を励ましたのは平井監督です。監督との信頼関係により少しづつタイムが伸びる、つまり、スピードもアップし、金メダルという成績にたどり着いたのです。

今でも1日3錠の薬を欠かすことができない星選手。手術の影響はなく、良くなった実感もあり、不安要素がなくなった、と語っています。

来月開幕されるリオデジャネイロ五輪でのメダル参戦。今最も注目されている選手の一人です。

男性ファンが多い星選手!

水泳選手の中でもかわいいと評判バツグンの星選手には、男性ファンがとても多いです。

笑うとかわいいえくぼが魅力的な、24歳。また、嵐のリーダー大野智の大ファンであるという親近感も星選手の魅力の一つです。

リオデジャネイロ五輪でどんな競技を見せてくれるのか楽しみな選手です。