柔道

羽賀龍之介は父も柔道家のイケメン!怪我を乗り越えリオ金メダルへ!

柔道日本代表、羽賀龍之介選手が怪我を克服しリオ五輪で金メダルを狙う!

日本代表選考会の全日本選抜柔道体重別選手権には、左膝内側側副靭帯を損傷しているために欠場した羽賀龍之介(はがりゅうのすけ)選手。

しかし、今までの実績が評価されて、初のオリンピック日本代表選手に選ばれました。

shiai001

リオデジャネイロ五輪では、金メダル獲得候補選手として応援に応えてくれることでしょう。

羽賀龍之介

プロフィール

出生地 宮崎県延岡市
生年月日 1991年4月28日(25歳)
身長 186cm
選手情報
階級 男子100kg級
所属 旭化成
段位 四段
世界ランキング 5位

実績

世界選手権
金 2015 アスタナ
グランドスラム
金 2015 東京
銅 2014 チュメニ
ユニバーシアード
金 2011 深圳
世界ジュニア
金 2010 アガディール

2015年、柔道世界選手権の男子100キロ級で金メダルを獲得!

羽賀龍之介選手は、1991年4月28日の宮崎県生まれの25歳。埼玉県へ引っ越した後から、2歳年上のお兄さん、善之助さんと共に5歳のころから柔道を始めました。

その後も柔道を続け、東海大相模高校時代の1年生のときに、金鷲旗全国高等学校柔道大会で史上初の20人抜きを達成しました。

そして3年生の時には、インターハイの100キロ級でオール1本勝ちで優勝を果たしました。

高校卒業後は、東海大学に入り、全日本ジュニアでオール1本勝ちで優勝、そして続く世界ジュニアでも優勝を飾りその名を広めていきました。

2014年からは旭化成所属となり、翌年のヨーロッパオープン・ローマでは5試合オール一本勝ちで優勝を飾るという、成績を残しています。

img_39b339440d648beb4535713a33c0d079255738

このような優勝づくしの実績が認められ、リオデジャネイロ五輪での金メダルを獲得への注目が集まっています。

スポーツ一家で育っている羽賀選手。

羽賀選手の父親、羽賀善夫さんは同じ柔道選手でした。1987年の講道館杯で優勝を果たしています。

その後も2回続けて出場していますが、どちらも2位、3位という上位での記録を残しています。また母親は、競泳選手だったそうです。

お兄さん、善之助さんは、今現在2016年は何をされているのか情報はありませんが、2012年の情報では名門・朝飛道場でコーチをしていたそうです。

そんなスポーツ一家という同じ環境で育ってきたイケメンで真面目な羽賀選手ですが、彼女はいるのでしょうか?今のところそのような噂はないようです。きっと今は柔道、一筋なのでしょう。

目標はもちろん金メダル!

先月、出身道場で開かれた壮行会に出席された羽賀選手。約100人の子どもたちとその保護者を前に、目標は金メダル!と公に宣言をされました。

img1468400809b

この道場では初の五輪選手となった羽賀選手は、小学校5年生の時から五輪を意識していたことを明らかにしました。

今現在70パーセントくらいまで右膝の回復が上がってきた状態です。リオデジャネイロ五輪までに完全回復して、絶好調の体力で試合に臨まれることを願います。

金メダルに期待しましょう!