リオオリンピック情報

リオ五輪メインスタジアムの開会式は前代未聞のカーニバル演出?

オリンピックの開会式といえば、各大会の威信にかけて様々な趣向をこらす、見どころの多いショーのようなものです。

その国、都市の特徴をアピールしつつ、様々な仕掛けで観客(そしてテレビを通してみている世界中の人々)を驚かせ、その大会への期待を高めることを目的としています。

そのため、著名な映画監督や舞台監督などが監修をつとめ、有名俳優が式典に出演して華をそえることもたびたび見られます。

また有名歌手が登場し、会場と一体となって曲を熱唱することもあります。

今回のリオデジャネイロオリンピックの開会式は、サッカー会場としてとても古い歴史を誇るエスタジオ・ド・マラカナンで行われます。

marakanan

メイン会場はバッハ地区のオリンピック公園ですが、開会式、閉会式を取り行う、いわばメインの会場はこのマラカナンスタジアムとなっており、これはサッカースタジアムとしては初めてのことです。

日程、時間、日本での放送時間

開会式は8月5日金曜日の午後6時から11時となっており、リオデジャネイロと日本の時差12時間を考えると日本では6日土曜日早朝の6時から11時となります。

オリンピックの開催自体は6日から22日までとなっていますが、試合数が多いサッカーだけは先乗りで3日から開催されます。

メインの競技の多くが向こうの夕方から夜にかけて行われますので、日本での観戦は(サッカーのブラジルワールドカップと同様にですが)夜中3時前後から午前中にかけて、ということになりそうです。

開会式の演出予想、過去大会の見どころ

リオデジャネイロオリンピックの開会式は、今回は映画「シティ・オブ・ゴッド」でアカデミーの監督賞候補にもなったフェルナンド・メイレレスの演出で取り行われます。

ferunand

全体のほとんどの部分が未だにトップシークレット。様々な憶測が飛び交っており、日本の週刊誌張りに「関係者」の話にわいていますが、どの関係者の話も信ぴょう性に乏しく、やはり実際に開会式を見てみないことにはわからないでしょう。

ただ選手入場行進に今までにはなかった工夫を取り入れることを明言しており(従来のは退屈すぎる!という反骨心あふれるメッセージが発表された)、それについても入場選手全員に走らせる、それぞれ違うところから入場する、観客たちの間を通っていくなどなど、様々な予想が立てられています。

ただ、やはりブラジルらしくカーニバルの要素はふんだんに盛り込まれるようで、これについては一般公募で参加者を募集していました。

出典:http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160208001074_comm.jpg出典:http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160208001074_comm.jpg

開会式に関して共通する見どころは、やはり全体のショー、そして誰が聖火台に聖火を点火するのかなどですが、当然これらもトップシークレット。

テーマやコンセプトまでもが未だにベールに包まれている開会式ですが、興味をそそるのに十分な情報だけは出てきているようです。