ホッケー女子

ホッケー女子リオ五輪試合時間やルールと反則は?注目選手とメダルは?

リオデジャネイロ五輪、メダルが期待される女子ホッケー日本代表注目選手とそのルールについて解説していきます!

基本、サッカーとホッケーはよく似ています。出場登録選手は1チーム18名ですが、11人対11人で争われます。

その構成はフィールドプレイヤーが10人、ゴールキーパーが1人です。ホッケーでは、選手交代は出場登録選手の中から自由に行うことができます。

しかも何回でも交代できるので、選手交代のタイミングが試合を大きく左右してきます。

どの選手の運動量が落ちているか、選手交代はいつ行われるか、試合の流れはどうなっているか、などを読みながら試合を楽しむことができます。

試合を行う時間は、前半、後半それぞれ35分ずつ、合計70分間行われます。途中、間に5分間のハーフタイムがあります。

しかし、リオデジャネイロ五輪では新たに、1クォーター15分で、合計2クォーターとなる60分という時間で行うようです。

勝敗は、決められた時間内で得点を多くとったチームが勝者となります。同点の場合は延長戦を行います。

得点が入った時点で試合終了のゴールデンゴール方式がとられます。

ma-35dfefbaff

それでも決着が決まらない場合は、サッカーのPK戦にあたるPS (ペナルティーストローク) 戦が行われ、5名ずつのシューターによって争われ勝敗を決めていきます。

その試合が行われる競技フィールドは、横55メートル×縦91.4メートル。ゴールは縦2.14メートル、横3.66メートルの大きさで、そこにボールを入れて点数を競っていきます。

1972年からは、オリンピック、ワールドカップ、アジア大会など国際大会は全て人工芝のフィールドで行われるようになりました。

そのおかげで、球速が速くなり、プレイヤーのスピード、体力、技術が更に要求されるエキサイティング試合が展開されるようになりました。

スティックの長さとボールの材質は?

ホッケーをプレイするうえで必要な道具は2つ、「スティック」「ボール」です。スティックは、先端部が湾曲した形状をしていて (金属もしくは金属を含む材質以外で) いる棒状のものです。

重さの制限は最大737グラムまでと決まっていますが、長さには制限がありません。市販されているものはだいたい約90センチの長さのものがほとんどです。

スティックには平らな面と、丸い面の2面があります。しかし、平らな面でしかボールを扱うことはできません。

そのため、ドリブルなどを行うときは、スティックをくるっと回しながら、平らな面のみ使うようにしなければならずテクニックが必要となってくる技です。

また、ボールは、材質を問わず、硬い球であることが規定として求められています。野球の硬球のようなものを想像していただければ分かりやすいでしょう。

それとほぼ同じ大きさ、重さで、硬球よりも硬いのがホッケーで使われているボールです。

58227-1

観戦するうえで知っておくと楽しむことができるルールをご紹介します。

以前まではサッカーと同様、オフサイドというものがありました。しかし、ルール改正によりオフサイドは廃止されました。

そのため、得点の入る確率が以前より確実に増え、よりスピーディーでスリリングなゲームを楽しむことができます。

ホッケーには、サークルというほぼ半円の中からシュートを打たないと得点とみなされないルールがあります。

ですから、サッカーのようなロングシュートはありません。また、シュートをする時以外は、基本的にボールを上げてはいけないので、サッカーのように空中にセンタリングを上げることもできません。

そのため、ホッケーでは、、ゴール前の駆け引き、つまり、攻撃側はドリブル、パスをどのように使って相手守備陣を突破して得点するか、守備側はそれをどのように防ぐかが、最大の見所となってきます。

サッカーとは異なり、選手の交代が自由に行うことができるのがとても魅力的です。

ペナルティーコーナーの時を除き、いつでも、一度に何人でも交代を行なうことができるのです。

また、一度ベンチに下がった選手でも、再びフィールドに戻ることができるというルールもあります。

選手の交代のために時間が止まるということはありません。しかし、ゴールキーパーの交代の時だけは時間が止まります。

では、ホッケーにもサッカーのような警告や退場などもあるのでしょうか?

ホッケーでは3種類のカードがあります。グリーンカード、イエローカード、レッドカードの三つです。

グリーンカードは警告、イエローカードは一時退場、レッドカードは即時退場を表しています。

グリーンカードを出されても退場になることはありませんが、イエローカードを出されると、5分以上の退場となってしまいます。

基本、実際にどれくらいの時間、退場になるかは審判の裁量にまかされています。レッドカードを出された場合は、即時退場になりその試合にはもう出ることができなくなります。

さらに、ホッケーを最も特徴づけるセットプレーとして、ペナルティーコーナーがあります。

このセットプレーにより得点がはいる確率が非常に高いので、このプレーの出来具合で試合の流れを大きく左右されてきます。

このペナルティーコーナーが攻撃側に与えられるのは、

1、サークル内で守備側が反則を犯した場合
2、自陣23メートルのエリア内で守備側が故意の反則を犯した場合
3、守備側が故意にバックラインをこえるようにボールを出した場合

に与えられます。ペナルティーコーナーは、攻撃側の人数の方が多い状態で行われます。

そのような状態でプレーを開始できるので、非常に攻撃側に有利になってきます。

ですから、攻撃側はいかに確実に得点をとるか、守備側は不利な条件でいかに守るか、がペナルティーコーナーの見所となってくるでしょう。

では、審判はどのようになされていくのでしょうか?ホッケーでは審判は2人、どちらも主審でアンパイアと呼ばれています。

2人でアンパイアリングを行ないますが、自分のサイドのサークル内は全責任を負うことになります。

ホッケーはボールのスピードが非常に速いため、試合展開が速く、審判1人ではとても無理なことです。

また、ボールが小さく速いので、見極めていくのも大変です。フィールド内において審判は、絶対的な権限を持っています。

女子ホッケー日本代表「さくらジャパン」。

リオデジャネイロ五輪への出場を決めている、女子ホッケー日本代表のさくらジャパン。美人揃いとそのビジュアル面でも人気が上昇してきています。

さくらジャパンは、2015年夏に行われたワールドリーグセミファイナルの試合で、6位という成績をおさめました。

そして、同年10月に行われたオセアニアカップでオーストラリアが優勝したことにより、順位が繰り上がることができ、リオデジャネイロ五輪への出場を決めることができました。

今現在、世界ランキング10位のさくらジャパン。これで、アテネ五輪から4大会連続での出場を果たすことになります。

ではここでさくらジャパンのメンバーをご紹介します。
Ck57aMmUYAUpsAp

GKは浅野祥代(ソニー)選手は現在29歳。粘り強くゴールを守ってくれる頼もしい選手です。

DFの選手は5人、小野真由美(コカ・コーラウエスト)選手、31歳。 林なぎさ(ソニー)選手、29歳は守備の要となってくれます。

錦織えみ(コカ・コーラウエスト)選手、23歳。西村綾加(コカ・コーラウエスト)選手、27歳。阪口真紀(ソニー)選手、26歳。

続いてMFの選手は5人、中川未由希(ソニー)選手、29歳。柴田あかね(グラクソ・スミスクライン)選手、27歳。湯田葉月(コカ・コーラウエスト)選手、26歳。真野由佳梨(ソニー)選手、22歳。永井葉月(ソニー)選手、21歳。

FWの選手は、中島史恵(ソニー)選手、29歳。三橋亜記(コカ・コーラウエスト)選手、26 歳。

永井友理(レアル・ソシエダ)選手、24歳。清水美並(ソニー)選手、22歳。河村元美(山梨学院大)選手、20歳。以上16名に決まりました。

さくらジャパンの指揮を執る、永井祐司監督の長女である永井友里選手と、次女の永井葉月選手も日本代表選手に選ばれ、父娘3人でのリオデジャネイロ五輪出場となります。

通常は身内の選出には批判を伴うようです。しかし、ほかの選手たちと同様に厳しい選考が行われました。

永井姉妹の持つ実力があってこその選出となり、納得のある人選だったそうです。

選ばれた選手のうち5人の選手は、ロンドン五輪に続く選出となりました。中川未由希選手にいたっては、18歳の時からアテネ五輪からの出場で4大会連続の五輪出場となります。

またさくらジャパンの主将でもあります。

今回初めて出場する若手選手たちとベテラン選手たちがバランスよく選ばれたリオデジャネイロ五輪女子ホッケー日本代表選手。初のメダル獲得への期待が高まります。

現在、国内での強化合宿に入っているさくらジャパンの選手たちですが、先月6月23日から、国内でカナダとの国際親善試合が4本行われました。

その結果は、4連戦を全勝で終えることができました。カナダはリオデジャネイロ五輪には出場はしませんが、世界ランキング19位という力のあるチームです。

五輪でのメダル獲得に挑む8月の本大会へ弾みをつける良い試合となりました。

永井祐司監督率いるさくらJAPANは2004年のアテネ五輪から3大会連続出場を果たしています。前回のロンドンでは9位というメダルまであと一歩というところで幕を閉じました。

しかしその後、ここ数年確実に実力を上げてきています。

カナダとの親善試合終了後、永井祐司監督は「このチームの強みは組織力です。今日は2点差ということで、何とかチーム一丸で守り切った勝利になったと思います。ただ、もっと点を取れたと思いますので、決定力不足を課題にリオデジャネイロ五輪までより一層総力アップしていきたいです。そして、メダルを取ることができたらいいなと思います」と五輪に向けての再調整の必要性とメダル獲得への豊富を語っています。

注目の永井姉妹

永井友理選手と葉月選手は、姉妹で日本代表ということで注目を浴びています。

G20150612010526690_view

姉妹のみならず、父親 永井祐司さんが「さくらジャパン監督」、母親の 理重子さんは「元女子ホッケー日本代表選手」です。

また、弟の祐真さんも立命館のホッケー部で活躍中というホッケー一家の永井家

お姉さん友里選手は、1992年5月26日生まれで身長155センチ、体重56キロ、そして、妹の葉月選手は、1994年8月15日生まれで、身長152センチ、体重56キロという二人ともアスリートにしては比較的、小柄な体型をされています。

父であり、代表チーム監督である永井祐司氏は、天理高校時代は主将を務め、インターハイ優勝という記録を残しています。

また、法政大学時代も主将を務め、全日本選手権で準優勝の他、日本代表として数々の国際試合に出場されている経験の持ち主です。

その後、実業団の強豪チーム「表示灯ホッケー部(現名古屋フラーテル)」では全日本実業団選手権初の優勝へと導きました。

また、1991年のバルセロナ五輪の予選では代表キャプテンも務めました。

指導者としては、1987年に日本学生選抜チームコーチとしてマカオクリスマストーナメントに参加した後、オーストリアへホッケー留学をしています。

その後、元所属していた表示灯ホッケー、男子ホッケー日本代表監督、友理さん葉月さんが所属のソニーHCBRAVIALadies監督などを歴任され、2012年から女子日本代表監督をされています。

監督の奥様であり永井姉妹の母親でもある理重子さんは、1986年ソウル・アジア大会女子日本代表のメンバーで銀メダルを獲得しましたが、五輪出場への夢はは叶いませんでした。

そんなお母さんが、オリンピックに出たかった夢のことを娘達に話したのは、さくらジャパンのリオデジャネイロ五輪出場が決まる直前でした。

38名の代表候補から16名+補欠2名に絞られるメンバー発表。

永井姉妹が最終メンバーに残れる可能性は実績からも高いと思われていましたが、お母さんからは、「お父さんが監督なので、人より頑張らないと評価しにくい」と言われたそうです。

そんなアドバイスを受けた永井姉妹は、ほかの人よりも努力し、日本代表選手として姉妹で選出されました。

お母さんの叶うことができなかった夢を繋いで、父であり監督であるお父さんと共に、オリンピックの舞台で姉妹が活躍する姿を、そして、さくらジャパンを応援していきましょう。