体操

寺本明日香は低身長も筋肉がスゴイ!高難度技でリオ金メダルへ!

誰よりも小柄な体操女子の寺本明日香選手が、リオ五輪で金メダルを目指す!

比較的体操選手は小柄な選手が多いのが特徴ですが、その中でも寺本明日香(てらもとあすか)選手は、身長140センチ、体重32キロという特に小柄な体型です。

teramoto

誰よりも小柄で、誰よりも難しい演技を行う寺本選手に今、注目が集まっています。

身長が小さいほうが有利?

体操選手でトップクラスの選手はほとんど小柄な選手。

なぜなら、体操はクルクル回ったり、飛んだりするスポーツなので、小柄な人のほうが体重が軽い分バランスもとりやすいという利点があり、回転系の技でも有利に行うことができるそうです。

そのため、小さいころから筋肉を過剰につけるなら、あまり身長が伸びないという説も流れているようです。

また、中国など国によっては、国際大会に出場できる選手を慎重で制限しているところもあります。

ですから、わざと成長期に食事制限などをして、背が伸びないように指導する監督もいるようです。

寺本選手の場合は分かりませんが、小柄な体型なので、体操競技を行う上では有利ということができるでしょう。

teramoto2

しかしプライベートでは、周りの視線をよく感じているそうです。

歩いていてすれ違う人に「ちっちゃい」と言われたり、高校時代は上履きのサイズが合わずに自前のものを用意したり、高いところにあるものが取れなかったり・・と苦労をしていることもあるそうです。

しかし、体操となると全く話は別になります。身長が伸びてしまうとすべての感覚が狂ってしまいます。ですから、寺本選手は、身長は伸びないでほしいと思っているそうです。

体操歴は小学校1年生の時から。

もともと公園で鉄棒をするのが好きだった寺本選手。それも体操の鉄棒がやりたかったことが、体操を始めたきっかけです。

体操クラブに所属して、小学生の頃から全国大会で優勝をしています。

BkC7nfICUAA6ItK

その後、香港国際大会やアジアジュニア選手権、そして、ロンドンオリンピックという世界の舞台で活躍してきて寺本選手も、今現在は中京大学の二年生の20歳。

大学に通いながら、毎日4時間以上の練習をこなしています。

そんな寺本選手の得意種目は、段違い平行棒。イエーガーやギンガー宙返りなどの難度の高い技をいくつも持っています。

また、先日行われてNHK杯では、平均台でF難度の「後方伸身宙返り3回ひねり下り」を成功させました。さらに床運動での技も技術が高く素晴らしいものです。

img_5

身長が低くとても小柄な選手ですが、筋肉はとてもスゴイです。リオデジャネイロ五輪での金メダル獲得への期待が高まります。