サッカー男子

櫛引政敏のスーパーセーブの原点は高校時代の恩師!柴崎岳とは盟友!

清水エスパルスに所属(現在は期限付き移籍で鹿島に在籍)している23歳以下日本代表の櫛引政敏は、大きな体格(身長183センチ)にも関わらず俊敏な動きでスーパーセーブを連発する、「華がある」と言われるゴールキーパーです。

Soccerking_387266
櫛引政敏

プロフィール

生年月日 1993年1月29日(23歳)
出身地 青森県青森市
身長 186cm
体重 82kg
在籍チーム 鹿島アントラーズ
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足

経験がものをいい、そして各試合で一人しか出ることのできないゴールキーパーというポジションにありながら、同年代の中でも圧倒的な出場試合数を誇る櫛引は、川島、そして今の日本代表の正ゴールキーパーである林に次ぐ、日本の守護神候補として注目を集めています。

彼を形作った、高校時代の恩師たち

彼の才能を最初に見抜いたのはサッカー部の黒田剛監督でした。

ひときわ粗さの目立った当時の櫛引でしたが、めげずに使い続け、そして専属のゴールキーパーコーチを櫛引のために探して連れてくるほど見込んでいたそうです。相当に櫛引の才能に惚れていたのでしょう。

ここで連れてこられたのが、ゴールキーパーとしてパラグアイの名門チームでもプレーしていた湯田哲生さんでした。

湯田さんに最初に直された櫛引のクセ、それはシュートを打たれる時、なんの裏付けもないまま「直感で飛ぶ」というもの。

当時から神がかり的なファインセーブでゴールを守ることも多かった櫛引でしたが、その反面シュートフェイントに簡単にひっかかり抜かれたり、上手に敵との空間を読むことができないので簡単にゴールを決められたりすることもあったのです。

プロも驚くようなビッグセーブを見せたかと思えば、同じ試合で「なんでこれは止められないんだ!?」というような簡単なシュートを入れられたりすることも。

そのため、勝負強さという点でチームメイトから決定的な信頼を得ることができないという、「フィールドの監督」という立場にも立たなければいけないゴールキーパーとしては決定的な欠点となっていました。

そこで、戦術よりもまずはメンタルと落ち着きを中心にトレーニングを開始し、敵の攻撃の時に最後まで見切ってボールを止めにいく強さを身に着けていったのです。

今でも多少の粗さが指摘されることもある櫛引ですが、まだ23歳。それでも今年の1月に行われた、リオ五輪の予選を兼ねた23歳以下アジアカップの時の活躍は、大会MVPになってもおかしくないほどのものでした。

黒田監督、そして湯田さんの指導を根底に、彼は日本の守護神としての道を歩み続けているのです。

ちなみに同じく23歳以下代表の核として活躍し、最近はA代表にも定着しつつある柴崎岳は、青森山田時代からの盟友です。

櫛引は今年から柴崎がいる鹿島にレンタル移籍で活躍の場を移しているので、そのコンビにも注目しましょう。