バスケットボール女子

女子バスケリオ五輪基本ルール反則は?史上最強メンバーでメダルへ!

リオデジャネイロ五輪で行われるバスケットボール女子のルールと女子日本代表について基本ルールをおさらいしながら見所を解説します!

バスケットボールの基本ルールをおさらい!

誰もが知っていると言っても過言ではないメジャースポーツのバスケットボールですが、基本ルールをおさらいしておきたいと思います。

まず知っておくべき基本として、試合を行う人数です。試合は5対5の計10名で行われます。そして、それは2チームで行われる団体競技(チームスポーツ)です。

チームでベンチ入りできる選手は最大12名で、スターターと呼ばれる5名は先発プレイヤー、最大7名が交代要員の選手となります。

交代は自由に行うことができるので、退場になった選手を除けば、一度ベンチに下がった選手でも、またコートに戻ってプレーをすることができます。

2チームで相手チームのバスケット(ゴール)にボールを入れることで得点になります。その総得点で勝敗を競うスポーツです。

バスケットボールは、非常にテンポの速いスピーディーなスポーツで、他の球技に比べてたくさんの得点が入るので盛り上がり目が離すことができません。

バスケットに入れば(リングを通過すれば)得点になりますが、得点の種類は全部で3種類あります。

20160715-00010002-storyfulp-003-1-view

3ポイントシュートエリアからのシュートに成功すると3点、3ポイントラインより内側からのシュートに成功すると2点、そして、フリースローによるシュート成功は1点です。

スリーポイントシュートは一気に相手を追いつめることができ、また、点数を引き離したりすることができるので、たくさん決めることができる選手、つまり、シューターはチームにとって大きな武器となることができますが、相手チームにとっては大きな脅威となります。

また、バスケットボールは、時間内に放たれたシュートは、時間が無くなっても有効のものとなります。そのため、終了時間ギリギリでシュートを打って決め、勝利をもたらすことを”ブザービーター”と呼んでいます。

競技の時間は通常、1クォーター(10分)を4回繰り返して40分で行います。

第1&第3クォーター(ピリオド)の間には、2分間のインターバル、第2クォーター(ピリオド)が終わった後、つまり前半が終了したあとには10~15分のハーフタイムがあります。

ボールの運び方とパス・シュートの種類は?

バスケットボールでは、基本的にボールは手で扱わなければなりません。わざと足で蹴ったりするとキッキングという反則になってしまいます。

ボールを相手のコートに運んでいくとき、味方にボールを渡す「パス」とボールをコートにつく「ドリブル」という技があります。

それを繰り返しながらバスケットへ向かいシュートに結びつけます。 ちなみにドリブルしないで3歩以上歩いてしまうと「トラベリング」、一度終えてしまった後にまたドリブルをするなら「ダブルドリブル」という反則になってしまいます。

では、味方の渡すパスにはどんな種類があるでしょうか?まずは「チェストパス」。

これは、両手でボールを挟み持ち、胸の前から両手を突き出すようにして放り投げるパスの方法です。バスケットボールで最も多く用いられるパスと言えるでしょう。

また「ショルダーパス」という肩の上から押し出すようにして投げるパスもあります。

スローパス」とは、片手で野球のピッチャーように振りかぶってから投げるパスのことです。遠くへ速くボールを投げられるという利点があるので、速攻の時などによく使われています。

そして、コートにボールを一度バウンドさせるようにして投げる「バウンドパス」というものもあります。

20150830102131

これらのパスをチームメイトで行いながら相手コートに攻めていきます。そこで、今度はバスケットに向かってシュートです。シュートにもいくつか種類があります。

ランニング(レイアップ)シュート」と呼ばれるシュートは、バスケットに向かって走り込み、片手でリングにボールを置いてくるようにして放つシュートのことです。

速攻の時などによく使わている、最も基本的なもので成功率が最も高いシュートです。

ジャンプシュート」は、バスケットから少し距離がある時に、真上にジャンプして放つシュートのことです。片手で放つワンハンドシュートと、両手で放つツーハンドシュートの2パターンがあります。

フックシュート」は、バスケットに対して真っ直ぐ向けない時などに、体を半身に開いた状態のままで、片手で手首のスナップをきかせてシュートを放ちます。

タップシュート」は、シュート後にリングやバックボードに当たって弾んだボールを、そのまま指先ではじくようにして放つシュートのことです。

また、バスケット(リング)にボールを直接たたきこ派手なシュートは「ダンクシュート」と呼ばれています。

そして、「バックシュート」と呼ばれるバスケット(バックボード)の下(裏)を通り、走り込んだ方と逆サイドにまわりこんで、バスケットが体の後ろにある状態で放つシュートもあります。

禁止行為・反則(ファール)の種類は?

プレーヤー同士の体の接触などの規則に対する違反のことを”パーソナルファール”と言います。

シュートの動作をしている相手選手に対してのファールでは、フリースローが2回、3ポイントシュートの場合は3回与えられます。

シュート動作以外でのファールでは、ファールが起きた近くのエンドラインやサイドラインから、相手チームからのスローインを行うことができます。

また、1人の選手が1試合で5回のファールをするなら、退場になってしまいます。 さらに、1ピリオド(10分間)の中で、チームの合計ファールが5回目になるとそれ以降のファールごとに、相手チームにフリースローが与えられてしまいます。

20160715-00010002-storyfulp-010-view

では、具体的にどんなパーソナルファールの種類があるのか見てみましょう。

まず「プッシング 」という手や足を使ってプレイヤーを押してはいけないというルールがあります。

プッシングは、ボールを持っていてもいなくても相手選手を押してしまうならファールとなってしまいます。

手で押している場合はもちろんですが、お腹や背中を使って押していると審判に判断されるなら、プッシングとなりファールとなってしまいます。

ゴール下でボールのリバウンドをねらうときなどの、激しいポジション争いの中でよく起こるファールがこのプッシングです。

また「ブロッキング 」という体を使って相手の進行を妨げる行為は、体を使って相手選手の進路を妨げるのでファールとなります。

これは、シューティングガード(SG)やスモールフォワード(SF)の選手がボールを持ってゴール付近の密集地帯に切り込んでいこうとするときに、守備側の選手がそれを防ごうとするときに、ブロッキングとしてファールになってしまうことが多いです。

チャージング」 と呼ばれるファールは、攻撃側の選手が無理に前進して相手に接触することです。このファールは攻撃側のファールとなることが多いです。

また、ゴール下でのポジション争いの中でも起こりやすいファールといえるでしょう。

見た目にもわかりやすい「ホールディング 」は、相手を押えたり、つかんで動きを妨害する違反行為です。

守備側の選手が攻撃側の選手の腕をつかんだり、後ろから抱え込んだりしてしまうならルール違反になってしまいます。

イリーガル・ユース・オブ・ハンズ 」と呼ばれる、手を使って相手の動きを妨げる違反行為もあります。

これは、ホールディングのように相手をつかむまで行為までしなくても、相手選手の進路を妨害しようと手でさわり続けたり、叩いてしまったり、軽く押してしてしまうならファールとなります。

相手選手からボールを奪おうとするときや、パスをもらおうとする選手を引っ張ったりして行いがちなファールと言えます。

さらに「イリーガル・スクリーン」 という、味方の選手が進むのを助けるために、不当な動きで相手の動きを遅らせる行為もファールとなります。

ダブルファール 」という両チームの選手が同時にパーソナルファール犯した状態のことを言います。

パーソナルファールのほかに、”テクニカルファール”という違反もあります。これは、非紳士的で悪質な行為だと審判に判断された場合に宣告されるものです。

その罰則は、パーソナルファールよりも重く規定されていています。

選手が相手選手を蹴ったり殴ったり、押しのけたりした場合や、選手以外のコーチや交代選手が、審判や相手の選手などに、暴言を吐いたり、失礼な態度を続けた場合は場所に関係なく、相手に2投のフリースローが与えられます。

また、選手が審判に抗議したり、相手チーム、や観客に暴言を吐いたり、嫌がらせをしたり、怒らせるような態度を取った場合もテクニカルファールになり、場所に関係なく1投のスローインが与えられます。

しかも、どの場合も、再び、相手ボールのスローインでゲームが開始しされます。

バスケ女子日本代表の注目選手は?

アテネ五輪以来3大会ぶりに、五輪出場へのの切符を手にした“アカツキファイブ”で親しまれている、バスケットボール女子日本代表。

f_08371109

国際バスケットボール連盟が発表する2015年10月付の世界ランキングでは16位。メダル獲得には少し難しいランキングかもしれません。

しかしアテネ五輪以来の12年ぶりの出場となるリオデジャネイロ五輪、今回は「史上最強」ではないか?と今から多くの注目を浴びています。

なぜなら、ずば抜けて強いアメリカ代表は置いといて2位以下は力が拮抗しているようなので、金メダルも狙えるかもしれません。

実際、2016年5月22日から始まった第3次強化合宿(ヨーロッパ遠征)を通算3勝2敗と勝ち越し、各々メンバーが力を付けてきているようです。本番での試合が期待できます。

では、ここで日本代表選手をご紹介しましょう。吉田亜沙美(よしだ あさみ)選手。王新朝喜(おうあさこ )選手。栗原三佳 (くりはらみか)選手。髙田真希(たかだまき )選手。間宮佑圭(まみや ゆか )選手。渡嘉敷来夢(とかしきらむ )選手。近藤楓(こんどう かえで)選手。本川紗奈生(もとかわ さなえ)選手。町田瑠唯(まちだるい )選手。宮澤夕貴(みやざわゆき)選手。三好南穂(みよしなほ )選手。長岡萌映子( ながおかもえこ)選手の計12名です。

注目のキーマンは、現在24歳の渡嘉敷来夢(とかしきらむ)選手。ポジションはセンターで日本代表に欠かせない存在となっています。

tokasiki

お父さんが日本人とアメリカ人のハーフなので、渡嘉敷選手は、クォーターになります。

その遺伝もあるのか、女性ながらに190センチ超えの高い身長という恵まれた体格を持つ渡嘉敷選手。

その身長を生かし、日本女子で初めてダンクシュートを決めました。ゴールにボールを叩きつけるように入れるダンクシュートは、背の低い日本女子にとってはとても難しいシュートです。

これを成功させて渡嘉敷選手がいる女子日本代表はとても心強いことでしょう。

また、高い身長を生かしたのはダンクシュートだけでなく、どこからでもシュートを決められる高い得点力も渡嘉敷選手がもつ強さの一つです。

渡嘉敷選手は、バスケの強豪で知られている桜花学園高校で3年間練習を積んできました。そして、1年生時から主力として活躍し、インターハイ、ウィンターカップの3連覇などチームを勝利へと導いてきました。

高校卒業後の2010年に、JX日鉱日石エネルギーに入社し、同社のチームJXサンフラワーズの一員となりました。

そして、入部1年目から素晴らしい活躍を見せ、ルーキーオブザイヤー、MVPという女子では初の快挙を達成することに成功しました。

2010年から2014年の活躍評価された渡嘉敷選手は、2015年4月にアメリカプロリーグのシアトル・ストームと契約を結びました。

日本女子としては3人目の本場アメリカへの挑戦者となります。そして、2015年5月28日に行われたシアトル・ストーム対ロサンゼルス・スパークリング戦に途中出場で、デビュー戦を果たします。

その20分間の出場時間の中でフリースローを含め6得点を決めました。

渡嘉敷選手が、日本代表に初選出されたのは2011年の時でした。その後怪我などで不選出の時期もありましたが、2013年に行われたアジア選手権では、日本を43年ぶりのアジア王者へ導きました。

今月末から、アルゼンチン・ブエノスアイレス、ブラジル・サンパウロで南米海外遠征を行った後に、ブラジル・リオデジャネイロ入りをするバスケ女子日本代表選手。

女子日本代表のチームスローガンは「メダルへの挑戦!!」。リオデジャネイロ五輪での本番の試合、メダル獲得への期待が高まります。

追記

日本女子チームの快進撃が止まりませんね~ぜひぜひこのままメダル獲得を目指してほしいです!がんばれニッポン!