バドミントン

奥原希望は低身長も怪我乗り越えメダルへ!ネックレス効果と値段は?

奥原希望(おくはらのぞみ)選手は1995年3月13日、長野県大町市出身の選手です。身長156センチというアスリート選手では小柄なほうですが、世界を戦う才能と運動神経を備えています。

そんな小柄な体格でも、高校時代には、史上最年少で全日本選手権を制覇しました。

また昨年2015年には、世界ランクトップ8のみが出場できるという「スーパーシリーズファイナルズ」で、日本人初優勝を果たしました。

さらに、今年の3月に行われた「全英オープン」でも39年ぶりの日本人優勝者としてその名を広めました。リオデジャネイロ五輪で金メダルが最も期待されている選手です!

okuhara
奥原希望

プロフィール

生年月日 1995年3月13日(21歳)
出身地 長野県
身長 156.3㎝
利き腕 右
競技開始年齢 6歳
種目 女子シングルス
日本代表歴 2011/12/21~
世界ランク(最高) 3位
日本ランク(最高) 1位
所属 日本ユニシス

奥原選手がいつも身に着けているネックレスはお守り?


奥原選手がいつもしているネックレスは、男子バトミントンの桃田選手や卓球の水谷選手など多くのアスリート選手に愛用されています。

カラーもさまざまなこのネックレス、どのような意味があるのでしょうか?

これは、クリオのインパルスというネックレスで、自分の好きなカラーでデザインを行うことができます。(ちなみの各色15パターンあります。)

もしかしたら、自分のラッキーカラーなどをチョイスしているのかもしれません。気になるその効果とは、クリオを使う前と使った後を比較してみると、体の柔軟性を感じることができるようです。

また、人間がリラックスした一番良い状態に体を戻してくれる効果や、ハードな練習による疲労感や緊張感などからの開放や回復といった効果もあるそうです。

ですから、多くのアスリート選手が愛用しているのでしょう。またそのお値段は、Sサイズは¥43,000(税抜き)、Mサイズは¥50,000(税抜き)、Lサイズは¥65,000(税抜き)となっています。

少し高めのお値段ですが、良い身体作りに貢献してくれるアイテムなら、いつも身に着けていたい重宝ネックレスになるはずです。

海外遠征は年間200日!!

今年だけでもすでに、8か国10都市を転戦した奥原選手の海外遠征は年間200日にも及ぶそうです。

こんな過酷なバトミントン生活を送っている奥原選手は、来月リオデジャネイロ五輪で金メダル獲得に挑みます。

メダルを争うトップクラスの選手たちは、身長170センチ前後というバトミントン界ですが、奥原選手は156センチという身長と、だれにも負けない”スピード”という武器でリオ五輪という舞台に挑戦します。

2013年1月には左ひざに大怪我を負い、2013年秋に復帰しましたが、2014年4月に今度は右ひざを怪我するという2度の大きな怪我を乗り越えて掴んだリオオリンピックの舞台。

その実力を世界に見せつけてくれる21歳の奥原選手の活躍から目が離せません。金メダルに期待しましょう!