バドミントン

松友美佐紀はタカマツが嫌い?可愛過ぎるバドペアでリオ金メダルへ!

女子バトミントンダブルスの松友美佐紀選手が可愛いと話題

2015年の世界選手権でバドミントン世界ランキング1位を獲得した、女子バトミントンダブルスの松友美佐紀(まつともみさき)選手と高橋礼華選手の”タカマツ”ペア。

wd02

松友選手は、さまざまな大会や試合を制覇した実力選手でありながら、その可愛らしいルックスも兼ね備えている話題の選手です。

美人アスリートの松友選手

松友選手は、外見だけでなく、バトミントンの成績も一流の選手です。母親が趣味で行っていたバトミントンを、まずお姉さんが習い始め、続いて松友選手が習い始めたのが始めたきっかけです。

幼稚園児だった松友選手は少しづつバトミントンの魅力にはまっていき、地元で強くて有名な「藍住エンジェルクラブ」に入り、本格的にバトミントンを始めていきました。

そして、小学校4年生の時には、さまざまな大会で優勝し、小学生の全国タイトルをすべて制覇してしまいました。

中学時代もその実績は素晴らしく、3年生の時にでシングルス、団体共に優勝という成績を残しました。

高校は、バトミントンの名門といわれている宮城県の聖ウルスラ学院英智高校へ入学し、ますますその実力をつけていきました。

bad_100409_4

このとき、つまり、高校1年生の時に、同学校の1つ年上の高橋礼華選手とペアを組み始めました。

”タカマツ”コンビ

松友選手と高橋選手がペアを組んだのは、聖ウルスラ学院英智高校時代ですが、実は二人は幼いころからの知り合いでした。

小学校時代は、文通を行うことなどをして交流を深めていたそうです。小学生の頃に松友選手は高橋選手にコテンパンに負けてしまった経験を持ち、その頃から尊敬していて一目置いていたそうです。

そんな二人を組ませたのは、聖ウルスラ学院の田所光男監督です。松友選手の冷静に攻撃を組み立てる姿勢と、高橋選手の強気で攻めにかかる姿勢がピッタリ合うと感じたそうです。

600defece393c81ab435aa5051e9a3b5-e1466581512378

監督のその目に狂いはなく、タカマツコンビは、さまざまな試合で優勝し実績を残してきました。高校時代から組んできたコンビという長い付き合いだからこそ、お互いがよくわかりあっている強い力を出せるのかもしれません。

タカマツという愛称があまり好きでない?

優勝すると香川県高松市の市長から祝電がくるというタカマツコンビですが、松友選手はこの愛称があまり好きではないようです。

E-forums%2F52913586%2F34dade5fa447431f90da9d4fb1828e2c

それは徳島市出身なので、同じ四国の高松にライバル心があるのかもしれません。いずれにしろ、タカマツというコンビ名が定着してきた二人、リオデジャネイロ五輪での活躍に期待しています。